海のフィールドワーク安全マニュアル

印刷用PDFをダウンロード

気象・海象状況の把握と中止決行の判断

天気の様子や海の状態は、水辺活動の快適で安全な実施に最も強く影響を及ぼします。せっかく来たのだからと言って、天気も悪く、海も荒れた状態で無理をするのは禁物です。大切なことは、それらの変化の徴候を少しでも早く察知し、安全を優先して計画を変更する勇気を持つことです。そのためには日頃から空や海に対する関心を持ち、観察する能力を育てることです。そのコツは、自然を見る時の大きな目と小さな目の両方を合わせ持つことです。

(1) 天候予測

各種の天気予報や気象情報を集めて、行動計画を立てる時の参考にします。ただしここでの予測は、大きな目でのとらえ方になります。それは今日・明日・何日後といった日数単位であることと、この地域といった広がりを持っているからです。しかし台風の発生や高気圧・低気圧・前線の存在などについては、これらの情報を頼りにすべきです。

それに対して「観天望気」と呼ばれる方法は、多分に経験的・感覚的ではありますが、その場所における時間単位での予測の上では効果の高いものです。その地域ならではの言い伝えがあったりしますが、科学的な裏付けのなされているものも多数あります。

(2) 海況判断

海は、一日の中でもその姿を大きく変化させます。しかしそれらの変化は、大きな目で見ると基本的には変わっていない部分と、日々刻々変化する部分とに大きく分けられます。基本的な海流、定期的に生ずる潮の満ち引き、地形的な特徴による流れや深さの変化などは、基本的にはいつも変わらぬ様相を呈しているはずです。しかしながら、先程までの流れが急に逆になったということもあれば、風向きの変化によって急に波が大きくなったということもあります。また河川の流入がある地域では、上流も含めた降雨の影響を受けて水質や水温に大きな変化を生じます。天候予測と同様に、海が呈する様々な特徴を情報として感知し、行動の内容や範囲を予め判断しておくことが大切です。

日本沿岸の海流模式図
沖に向かうリップカレント
波浪(風浪とうねり)


気象庁風力階級表(ビューフォート風力階級)

中止決行の判断に関しては、例えば、白波が立つ「風力3」を一つの目安として、風や波を積極的に利用するサーフィンやセーリング、ボードセーリングなどは、白波が立ち始めると活動を開始し、それ以外の活動は白波が立ち始めると中止するといったことや、風向がオフショアの場合には、全ての活動を中止するなどがあります。

しかしながら、これらの判断は、種目の特性や活動者のレベルと合わせて判断されるべきものです。当然、初級者と上級者では判断が変わります。

また、万一事故が発生した際に、被害を最小限に抑えるための危機管理体制(救助体制)がどのようになっているかということにも大きく影響を受けます。万一の場合に、救助が出来ない状態では、中止しなければなりません。


PAGE TOP
このサイトについて
リンク集
サイトマップ
Copyright(C) 2011 しまね海の自然体験活動教育研究会