動画で見る指導事例集

高知県 室戸市 国立室戸青少年自然の家 施設と青少年プログラムの紹介

高知県
高知県室戸市の概要

高知県は四国の南側に位置し、北に四国山地、南には太平洋があります。東西に細長い形をしており、四国では最も大きい約4,107km2の面積があります。広大な海岸線を有し海のイメージの強い高知県ですが、県の面積の84%が森林で山間部も多く、日本最後の清流といわれる四万十川など四国山地を源とした河川もたくさんあります。気候は温暖で、年間日照時間は2000時間を越え全国でもトップクラスであり、降水量もかなり多いのが特徴です。また、廃藩置県により高知県になる前は土佐藩であり、幕末に活躍した坂本龍馬は現在でも高い人気を誇ります。県庁所在地は高知市で、毎年夏に開催されるよさこい祭りには、全国から多くの観光客が集まります。 今回の活動場所である国立室戸青少年自然の家は、高知県南東部の室戸市に位置します。南端の室戸岬を中心に海岸線が広がる室戸半島では、貴重な地質遺産である海成段丘や自然、歴史、文化などが評価され、近年、日本ジオパークに認定されました。 高知の海は太平洋側に黒潮の暖流が流れており、室戸岬周辺の海岸では熱帯魚やサンゴなど亜熱帯性の生物も生息します。国立室戸青少年自然の家では、スノーケリング、オーシャンカヤック、磯観察の他、クルージングでホエールウォッチングなどを行うことができ、豊かな海や海の生物を楽しむことができます。
■国立室戸青少年自然の家


PAGE TOP
このサイトについて
リンク集
サイトマップ
Copyright(C) 2011 しまね海の自然体験活動教育研究会